2016年度自治体採用競争倍率6.5倍

2月12日の日経新聞によると、全国の都道府県と市区町村が実施した、2016年度の職員採用試験での競争倍率は6.5倍で、過去最低だったとのこと。

キャリアの授業を担当していて実感できるのですが、買い手市場の時は、学生は公務員志向が高まります。今は売り手市場なので民間企業の方の人気が高まっています。

人口が減り、企業も、公共機関も、人材の確保が難しい時代に入っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。