21年入社から面接3月解禁???

今朝の日経新聞のトップ記事に、「就活面接3月解禁検討」の文字が!21年卒、つまり、今の大学1年生が就職活動をする時の就活ルールを見直ししようと経団連が動いているようです。うちの娘の時やん!と思わず盛り上がってしまいました。

現在のルールは、大学3年生の3月に会社説明会を解禁、4年生の6月に面接を解禁。それを、3年生の3月に、会社説明会と面接を解禁にしてしまう、とか、いや、就活ルール自体をもっと緩めましょう、とか、話し合われているようです。

だって、経団連に所属していない企業はそもそもそのルールを守っていないわけですし、きちんとルールを守っていたら学生は他からどんどん内定をもらってしまうわけですよ。不公平ですよね。

それに、学生もルールを意識すべきなのか、してはいけないのか、悩んでしまっています。就活支援をしている立場としては、スケジュールはあってないようなものだから、自分が行きたい企業の情報は自分でつかみなさい、としか言えません。

ただ、まったくルールをなくしてしまったら、どのタイミングで何をしてどこへ行けばいいのか、さっぱりわからなくなってしまう可能性もありますね。

就職活動する学生ができることは、大学でのアカデミックな学びももちろん大切ですが、それをしながらも将来どんな仕事をしたいのか、どんな仕事に向いているのか、などは日ごろから考えて動いておくこと。

新卒採用をしようとしている企業ができることは、ナビサイトだけを頼るのではない、独自の採用活動をすること。大学生と接点を持つ機会を増やす手立てを考えておかないと、この先どんどん採用は難しくなると思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。