新卒採用におけるインターンシップの位置づけ

2年前くらいから、新卒の採用にはインターンシップが大きな意味を持つようになってきました。

学生のインターンシップは、学生が職場を実際に体験することで、業界や企業への理解を深め、仕事内容についても自分と合うか合わないかなどの見極めができる場として、その企業への就職活動とは別物として実施されてきたのですが、事情がすっかり変わってきました。

企業にとっては、早い時期から将来的に自社に応募してくれる学生を確保するため、学生にとっても就職活動を少しでも有利に進めるため、という意味になってきていて、ちょっと前まではインターンシップの選考に落ちてしまう学生はあまりいなかったのですが、今は就職活動本番か?と思わせるくらいの過熱ぶりで、人気企業のインターンシップにはなかなか行けないと嘆く声が聞こえます。

企業がインターンシップを受け入れるとなると、準備から当日の対応から後日の対応まで大変な事も多いのですが、新卒採用を成功させたいと思うならぜひとも取り組んでいただきたいと思っています。

早い時期に学生と接点ができるだけではなく、自社のことを理解してもらうチャンスになるからです。

大学生が、就職して3年後に3割退職するというデータがあります。その理由で多いのが、「思っていた仕事内容ではなかった」なのです。非常にもったいないですよね。

ですから、学生はもっともっと企業研究をして自分がこの会社で仕事をするとはどういうことなのか、わかっていないといけないのですが、学生のほとんどはその方法を知らないのです。

インターンシップでお互いのことがある程度わかった上で採用するのか、わからないまま採用するのか、では、やはりわかった上での方がお互いに安心感がありますよね。

だからこそ、インターンシップでは、学生を会議室に集めてワークに取組んでもらうだけではなく、ちゃんと仕事の現場を経験させてあげて欲しいのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。