AIが面接するんだって

[記事公開日]2018/05/17

日経新聞のコラムにAI(人工知能)による面接のことが書かれていました。スマホのアプリを使ってAIが求職者に質問をし、その答え方や内容をAIが評価するとか。確かに、使っている企業もあるようですが、みなさんはどう感じられるでしょうか?

 

 

採用方法の流れを見ますと、私が就職活動をした頃(1990年代)は就活時期が来るとリクルートから百科事典みたいな企業の採用情報誌が届く⇒資料請求はがきで請求⇒資料が届き説明会の案内が入っている⇒説明会参加⇒履歴書提出⇒筆記試験(ないことも多い)⇒面接⇒内定・・・おおよそこんな流れでした。

リクルーターに会うこともありました。全てアナログでした。

今の学生は、1年生であろうと2年生であろうと3年生であろうと、興味を持った人からインターンに参加(これはここ2~3年の変化)⇒ネットで情報収集⇒ナビサイト以外の情報をゲットしたらそのまま動くORナビサイトの情報に頼る⇒WEBエントリー⇒情報を得る⇒合同説明会⇒会社説明会(予約が取れずに行けない人がいっぱい)⇒エントリーシート提出(ここでもいっぱい落ちる)⇒筆記試験⇒グループディスカッション⇒面接⇒内定。

こんな感じです。デジタルとアナログが融合しています。情報量が多すぎて学生は大変だな~と感じます。

そしてこの先は、オールデジタルに?????????そんなバカな!AIの面接に通っても、実際に仕事をする相手は人間じゃないか!と思っては見るものの、ロボットがフロントで接客してくれる「変なホテル」なんてところもあるし、金融機関などはAIへどんどん仕事をふっているし・・・。

そのうち、営業に行った先の相手はAI?なんてこともあるかもしれませんね。

個人的にはAI面接はやだなと思うのですが、遠方の会社の面接に行く代わりにスマホでやりましょう、はアリだと思う。でも、スマホの向こうには人間がいて欲しい。