6月1日は新卒採用解禁の日!

[記事公開日]2018/06/01

 

6月1日が解禁の日!と言っても、5月1日の時点で42.2%の内定率(株式会社ディスコ キャリタスリサーチ)だそうで、あってないような解禁日です。解禁日があってないようなものなら、学生へのアプローチのスタートはいつなのでしょうか?

今日の日経新聞に驚くべき記事がありました!なんと、ユニリーバ・ジャパンは、夏に開くワークショップに参加した高校生が、大学生になり就職活動を始めた時に有利になるパスを渡しているのだそうです!

 

 

うちの娘は大学2年生。あと1年ほどで就活を意識するようになると思いますが、なんとなく今の4年生、3年生と似た流れでいくんだろうなと予測できます。が、息子は高校3年生。彼らが就職活動をする時は、今とはまた違っているんじゃ・・・。

私が大学生の就職支援に関わってから10年ほどになりますが、10年前と5年前は全然状況が違うし、5年前と今とも全然違います。景気もいつどうなるかわかりません。それでも、人材が途切れてしまうことは企業にとっては深刻なのですよね。

ここまで真剣に取り組んでいる会社があるのですから、今まで通りの採用方法では新卒の学生が採用できなくなってくるのも不思議ではありません。

日経新聞にはこんなことも書いていました。2022年問題。大卒の年齢にあたる22歳が、2022年ごろを境に減少するのだとか。いよいよ、若い働き手が減少していく時代に突入です。人が少なくても回る組織にするか、人が集まる会社にするか。何らかの対策をする必要があります。