ボランティアのための接遇講座

[記事公開日]2018/06/09

 

今日はボランティアの方で運営されている施設にて、「ボランティアのための接遇講座」をさせていただきました。

自然の森が楽しめる公園です。少し早めにお邪魔して、担当の方に園内の一部を案内していただきました。私は子どもの頃に、両親に山や川に連れて行ってもらい、山歩きや川遊びをしていましたから山が好きなんです。

でも、普段はなかなか山歩きなんてできませんから、久しぶりにじっくりと山や木を見ました。アケビ、クルミ、ヤマモモ、そしてキノコ!いや~、楽しい!講座前なのに超リラックス状態。とても良い時間を過ごすことができました。

そして講座開始!

 

 

接遇講座と言っても内容は現場によってさまざま。高級ホテルと、町の定食屋さんとは、求められる接遇の形は違います。ですから、今回の現場ではどのような接し方が求められているのかを考えながら講座を作って行きます。

接遇の形は場所によってさまざまかもしれませんが、お客さまに喜んでもらえたらいいな、という思いで、相手に気持ちを寄せながら接するという姿勢は同じです。

この場所ではどういう接遇が求められているのかは、現場にいる人たちが一番よく知っているはず、ということをお伝えした上で、押さえておくべき基本と、知っておくと役に立つ知識などをお伝えし、特にクレーム対応については「こんな時どうする?」といくつかの事例を準備し、考えていただきました。

現場に近いであろう内容で準備をしていったつもりですが、どうだったかな~と思っていたら、終わってから「うちのことをよくわかっていただいて準備してもらったのがわかりました。」と言っていただき、ホッとしました。

山小屋風の建物の中で、木製のテーブルにプロジェクターとパソコンを置いての講座。いつもとは雰囲気が違う中で、仕事をしながらリフレッシュができるという、有難い経験でした。